婦人病のおりもの

flower便秘体質改善法!☆腸がグングン活性化します
     自分でできる1日5分の整体的な解消方法で腸活性!
     食事療法や運動など何をやっても効果がない人のガンコな便秘に。

婦人病といえば、おりもの?

婦人病といえば、「おりもの」というイメージが強いと思います。オリモノがあると、
婦人病かな?って、不安になりますよね。しかし他に何も症状がないと、
病院へ行くのもなんだか気が引けるのではないでしょうか。

 

おりものは、雑菌が膣に進入するのを防いだり、老廃物を排出するために分泌
されます。ふつうは乳白色か透明ですが乾くと黄色っぽく見え、排卵期には
量が増えたり、粘り気がでたりします。また、生理前ににおいが強くなることも。

 

他にも、寝不足していたり疲れや風邪などで体調をくずしているときに、
おりものの量や色に変化が見られることもあります。

 

ただし、おりものの様子が明らかに普段と違うとか、かゆみや痛みを伴う時は、
病気の可能性もあるので、婦人科で診察してもらうようにしましょう。

 

婦人病の中でオリモノが関わるものというと、主に子宮に関する病気になります。
まず考えられるのは、子宮頚管炎でしょう。子宮頚管は子宮と膣とをつないでいる
部分で、細菌が子宮に侵入したりしないように常に粘液で満たされている部分です。

 

子宮頚管炎

子宮頚管炎は、避妊具やタンポンの取り忘れ、また中絶・分娩・流産の時の
傷などで細菌に感染してしまうと起こります。婦人病の中でも起こりやすい
病気のひとつです。

 

子宮頚管炎の症状は、おりものが多量にあるのが特徴で、慢性化した場合は、
不妊症の原因にもなるようです。

 

 

子宮膣部びらんの症状

おりものが関連する婦人病には、子宮膣部びらんも代表的ですね。
この症状は大変多くの女性に見られるもので、とくに出産を経験
した女性では、たいてい子宮糜爛(しきゅうびらん)があるようです。

 

子宮腟部びらんがあっても、ほとんどの女性が無症状ですが、おりものが
増加し排卵期には特に顕著になることもあります。軽い糜爛だったり、
炎症を起こしていなければ、経過を見ることが多いようですが、
軽度でも炎症がある場合は治療するということです。

子宮頚管ポリープ

おりものが関連する婦人病には、他にも子宮頚管ポリープがあります。この病気は、
子宮頚管に茎状の小さなコブができますが、一般的には良性で治療も簡単です。
ただし、まれにガンに変わったり癌の前兆というケースもあるので注意が必要です。

 

子宮頚管ポリープがあると、おりものが増え、生理前に少量の不正出血があったり
します。また、このポリープは触れると簡単に出血を起こすため、接触出血が発見の
手がかりになります。

カンジダ膣炎

白くポロポロした状態のおりものがあり、かゆみをともないます。

トリコモナス膣炎

泡立っていて黄色や黄緑色のおりもので、痒みがあります。

クラミジア膣炎

やや黄色っぽいおりもので、排尿痛があります。

ツボ刺激でおりもの対策

特に病気がないのに、おりものの量が気になるときはツボ刺激も効果的です。

 

曲骨(きょくこつ)
おへその下、指5本分のところにあるツボです。
曲骨のあたりをカイロなどをあてて温めましょう。

 

子宮を冷やさないことが大切です。子宮を温め、子宮につながる
経絡の流れをスムーズにすると、おりものの量が減ってきます。