婦人病にいい漢方

flower便秘体質改善法!☆腸がグングン活性化します
     自分でできる1日5分の整体的な解消方法で腸活性!
     食事療法や運動など何をやっても効果がない人のガンコな便秘に。

婦人病には、漢方がいい!

婦人病には、漢方がいいですね。女性特有のトラブルは、たいてい
どこかでからだのバランスがくずれていることから起こりますので、 
カンポウでそれを正常な状態に戻していくといいのです。

 

たとえば、月経困難症ですが、内膜から出血する量と外へ出て行く
血液の量とのバランスがとれないと、子宮がふくらんで痛みが起こります。
人によっては、とても激しい痛みが起こることもあります。

 

これに対して、痛み止めを常用してしまうと、目に見えて老けていきます。
このような薬は、皮膚に大きな影響があるといわれているのです。
また、基本的に熱を下げる方向に働く薬ということで、冷えを招くことにも
なるようです。

 

婦人病は、本来からだをあたためて治していくものなので、これには
やはり漢方があっているといえるでしょう。

 

とくに月経痛や生理不順、冷え性や更年期障害などは、生薬でつくった
薬用酒が効果的な場合が多いようです。

 

漢方薬 当帰(とうき)

当帰

当帰(とうき)を煎じたものは、神経の高ぶりを鎮め、イライラを
抑えるはたらきがあります。また、ホルモンのはたらきを活発
にし、生理不順や更年期障害などにもいいといわれています。

 

当帰(とうき)を入浴剤に使うと、冷え性の改善にも役立ちます。

 

 

当帰の煎じ方
当帰15gを600mlの水で煮詰め、水の量が半分になったらOK。
これを1日分として、3回にわけて飲みます。

 

 

当帰酒のつくり方
当帰100gをホワイトリカー1000mlに漬けます。
はちみつか氷砂糖を100g入れると飲みやすくなります。
漬けてから1ヶ月ぐらいすると、飲めるようになります。
毎日20mlぐらいずつ、寝る前に飲むといいですよ。